2019/02/20

洗えるフリルマットの作り方

赤ちゃんを遊ばせたり写真に撮るときに映えるフリルマットが流行っているそうです。

娘が作るため、材料を買いそろえて、作るのを手伝いました。

中心の丸いキルティング部分に直接接着芯を貼る方法もあるそうですが、カバーだけ洗えるタイプにすることに決定。中に丸い座布団を作ることにしました。座布団の綿を悩みましたが、オタフクふとんわたというのを見つけて、サイズもちょうどいいのでそれにしました。

<材料(ざぶとん)>直径100cm
オタフクふとんわた 300g(綿花100% 100×180cm 厚み約1cm)
生成りシーチング 110幅220cm

<材料(カバー)>直径100cm フリル幅13cm
表地:白のキルティング 110幅110cm
裏地:白のシーチング 110幅130cm
フリル:ギンガムチェック 110幅1.5m(フリルのボリュームによって調整)Img_3175

材料費:約3000円(セールで生地が安く買えました)

<作り方>

試行錯誤しながら作ってみたのですが、作り方を記録しておきます。(参考になれば)

型紙(模造紙)を作る。4分の1の円(半径50cm)

1.座布団作り

Img_3176綿を半分に折って100cmの正方形にしたあと半分に折って100」×50cmの長方形に。
輪の部分に気を付けて半円に切ります。(型紙が4分の1円なので左右2回に分けて切りました)

生成りのシーチングを直径100cmの円に2枚カット(縫い代1cm)。
2枚を重ねて外周を縫います。(綿を入れるため30cmくらい開け口を縫い残す。)

縫い合わせたシーチング(裏)の上にカットした綿を乗せる。(余った綿も広げて乗せました)

開け口からがばっと思い切って裏返す。(綿がシーチングにくっついてくれたので、思ったよりうまく返せました)

Img_3177開け口を縫う。(手縫いは面倒なので表からミシンで縫いました)Img_31782直径100cmの座布団完成。

2.カバー作り

表地:白のキルティングを直径100cmの円に切る。
(4分の1に折って切りました)
Img_3179
フリル生地をカット。長さ1.5mをいかして幅110cmを4等分しました。つまり150cm×27.5cmの細長い布4枚ができます。
4枚をつなげて6mの細長い布をつくる(両端をつなげて輪にしてもよかったのですがしませんでした)。
幅27.5を半分に折ってアイロン。13.7cm幅のフリルの裾が袋状になります。1cmは縫い代なのでできあがりフリル幅は13cm弱です。Img_3180縫い代のところにミシンでギャザーを寄せる。

フリルを表地のキルティング(表側)につける。縫い代を合わせてフリルが内側に向くように。

ギャザーを寄せながら待ち針で留めた後、しつけ糸で手縫いしました。(ここが一番大変)Img_3211ミシンで表地に縫い付ける。

裏地:白のシーチングを、半円に重なる部分(10cm)をつけて2枚カット(下の写真)。

直線部分を三巻縫い。(ここがカバーの開き部分になります)Img_3212ギャザーの上に裏地を中表に重ね、待ち針。Img_3213

重なる部分も含めてミシンで縫います。Img_3214

カバーのできあがり。

座布団にカバーをかぶせて完成。
(カバーがやや大きすぎたので、一回り小さく作った方がフィットするかもしれません。)

小物を追加して撮影。(生後1か月記念)

Img_3297インスタ映えするかしら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019/02/11

赤ちゃんの「おしっこキャップ」作り

男の子のおむつ替えの時、おしっこが飛ぶのを防止する用のおしっこキャップというものがあるそうです。

娘が手作りしたいとのことで、手伝いました。

高さ5cmくらいのティーコゼーみたいな感じ。

ネットで調べて簡単にあっという間にできました。

<材料>

型紙:直径8cmの半円

表地:綿地(裏に接着芯を貼りました)

裏地:肌にあたる部分なので吸水性も考えてタオル地

リボン(持ち手)Img_3142

表地、裏地それぞれ2つ折りにして円錐状になるように縫います。

表地には生地の表部分に輪にしたリボンを挟んで縫います。Img_3144

表地と裏地を中表に合わせて円周を縫います。返し口3cmくらい縫い残す。

ひっくり返して、返し口を手縫いしたらできあがり。

Img_3145
リボンが使いやすいし、ひっくり返すときにも役にたちました。

さてさて本番で役に立つかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/12/20

デコクレイ ダリア

Img_272112月のデコクレイレッスンはダリア。前から作りたかったのでうれしい。

色は赤にしたかったので、赤2と黄色1を混ぜて和風の赤を作ります。

1.花芯

涙型の真ん中から鋏を入れ、4等分のあとそれぞれをを6等分くらいに。

2.花びら(極小)

2cmくらいの細い涙型15~20個を作り丸めて花びらに。花芯の周りに花芯を隠すようにつけます。 

3.花びら(小)
Img_2749Img_27503.5cmくらいのやや細い涙型20~25個を作り、葉型の上で伸ばし、スポンジで丸めて花びらに。やや乾かしてから少し高めにボンドでつけます。 
Img_2751









3.花びら(中)

Img_27535cmくらいの涙型20~30個を同様に作り、小より少し高めにボンドでつけます。

 

 

4.花びら(大)

Img_27546.5cmくらいの涙型20~30個を同様に作り、中と同じ高さで付けます。段が増えるごとに少しずつ低く。

 

5.完成

Img_2758コツとしては花びらが乾いてから付けること。小を1周付けたら、次の段からは間に花びらを入れました。

ボンドを付ける位置が最初は高くていいんですが、大をつけるときは結構下にした方がいいです。(上にボンドを付けてしまい、後が残りました)

6.色をつけてアレンジ

赤は色がくすんでくるので、絵の具で全体に色を塗りました。Img_2768

アレンジは黒い羽子板にしたかったのですが、代わりに家にあったアクセサリー掛け(黒の板が開くもの)を使ってアレンジしてみました。

小物:みやび梅という紫の梅や黒い実、松をチョイス。

赤いタッセルと金の水引(花を挿した黒い粘土を隠すため)は祝儀袋からのリサイクルです。

立てかけたところ。

Img_2769
後ろにフックをつけて吊り下げたところ。Img_2770
イメージ通りのお正月飾りができました。

(レッスンは17日でしたが、最初に作ったダリアが失敗して、20日に作り直し)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/12/09

クリスマスリース作り

毎年玄関につけるクリスマスの飾りは生のグリーンを使います。

今年はヒバともみの木を買って、100均のリース台に差し込んで土台に。Img_2605

あとは家にあったドライフラワー(バラと白い小花と金の松ぼっくり)を少し飾り付け。

金のリボンでまとめました。Img_2670


Img_2673

やっとクリスマスが来たー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/12/05

ジャケットリメイク ツイードのバッグ

ジャケットをリメイクしてバッグを作りました。Img_2596

パイピング部分がなんと持ち手にぴったりImg_2598

三つ折り縫いはゴツ過ぎて私には無理。洋裁の先生がやってくれました。手に当たる側がフワフワで優しい。
Img_2599

ジャケットのポケットは丁度外ポケットに。

裏地を作りグログランリボンに付けて取り付けます。Img_2600
Img_2603
ポケットはアクセントになるし使い勝手も○。
大満足です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/12/01

デコクレイ クリスマスローズ

今月のデコクレイレッスンは、クリスマスローズ。

<11/28>

1.花芯を作る。
色は黄色1cmくらいに青を耳かきくらい混ぜて緑を作る。その緑に同量の白を混ぜる。

中心に鋏を入れて4等分。Img_2489さらにそれぞれ3等分。4

めしべを差し込む。Img_2490ランダムに。Img_2491

 

2.花びらを作る。

細長い涙型。かなり下を細く。Img_2506

葉型に上部だけ押し付け、下は長細いまま。3

Img_2507細工棒で縦に線を入れる。1_2

丸みをつける。2







3.花芯に花びらをつける。

Img_2508花芯にボンドを付けておき、重ならないように5枚つける。

ワイヤーを2つに降り、ボンドをつけて差し込む。Img_2510



4.つぼみを作る。

涙型を手で丸く広げる。涙型の花芯に付ける。

Img_2509


 

 

 

5.花3輪、つぼみ2輪完成。

Img_2516
<12/1>

6.色付け

緑と赤紫で色をつけた。Img_2538x赤紫は花びらのラインを意識してだした。中心部はドットでクリスマスローズらしく。

実も濃い緑と茶色で色付け。

 

7.ブーケにまとめるImg_2539_2

茶色のフローラルテープで巻きながら、花とつぼみをまとめる。

 

8.ワイヤーを組んで組み立てる

縦にも横にもアレンジできるよう中心部を広めにワイヤーフレームを組み立てる。葉っぱも濃い緑と紫っぽい緑、花も実も2色でいい感じになった。

流れをつけながらワイヤーで留めて行った。

 
完成。

Img_2545

Img_2571Img_2575縦置きImg_e2581横置き
Img_e2568
すごく気に入ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/11/26

川越 ショートトリップ

元会社の先輩と同期の3人ン組で小江戸川越にショートトリップ。
蔵造りの町並みが有名。歩いて回って、1日なんと2万2千歩!

喜多院では紅葉が少し楽しめました。Img_e2281Img_e2273Img_e2275


Img_e2278

時の鐘は町のランドマーク。Img_e2448
埼玉りそな銀行川越支店、洋館っぽくておしゃれ。Img_2298亀谷本店。まさに蔵造り。Img_2291

小江戸川越は食べ歩きも楽しみな街。
飴屋さんがお休みだったのが残念。
菓子屋横丁で揚げたて芋けんぴをシェア。

Img_e2300
できたてのさくとろスイートポテトアップルパイも一口食べて、後は持って帰ろ。Img_e2303
お昼は飛び込みで、天あさ天丼にしました。なんと1000円。Img_e2293
スタバも小江戸風。コーヒーを買って飲み歩き。Img_e2449

神社やお寺も多かった。

熊野神社にはヤタガラスが祀られて。Img_e2289


Img_e2284

氷川神社Img_e2452

お目当ては釣って占う鯛みくじ。3人とも大吉ってもしや・・・。
Img_e2456
縁結びの神様だとか。Img_e2453Img_e2457
御朱印は印刷したもので、ちょっと残念でした。

通りがかったガラス工房でトンボ玉作りを初めて体験。(これは別の記事で)
ノープランで集まった3人ですが、なんだかんだ楽しめました。

池袋まで一緒に行き、飲んで帰りました。
居酒屋風だったのにアラカルトで頼んだら、そうでもない料理がめっちゃ高かった。失敗

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トンボ玉作り 体験しました。

川越ショートトリップの続き。

通りがかったガラス工房『川越体験工房 青い鳥』でトンボ玉作りを初めて体験しました。

ベースのガラスと螺旋のガラス3色を選ぶ。青系に緑と金(+500円)Img_e2446

デモンストレーションを見る。Img_e2315

早速作業。バーナーでガラスを温めながら棒に巻いていく。一定の速度で回すのが難しく途中歪な形に・・・。

でも最後は丸くなって良かった。Img_e2482

ビーズや紐を選んでネックレスに仕立ててもらいました。(+500円)Img_e2477Img_e2483
角度で出る色が違います。

実は出来上がりイメージがちょっと違いました。もう一回作りたいなあ。

でもとってもきれいなトンボ玉なので、気に入ってさっそく使ってます。30分くらいで作業して1時間くらいさましてもらってできあがり。待ち時間は散策して有効に使えました。

楽しかったし、これで2500円はお得かも。(オプションをつけなければ1500円)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/11/16

デコクレイ スカビオサ

今月のデコクレイはスカビオサ。聞きなれないお花の名前だけど、ブーケなどで見かけるお花です。(レッスン日:10月31日)

1.花芯

1.7cmの球を作り涙型に。Img_1857茎にボンドで刺して、ペップをぎっしり付ける。
花びらをつけるので、半分よりちょっと多いくらい。Img_1858
2.花びら

同じ大きさのものを必要枚数作るのが大事。
・7mm 8枚(4枚ずつ)
・1cm 12枚(6枚少し高め)
・1.2cm 8枚(6+8枚 同じ高さ)
・1.3cm 14枚(7枚同じ高さ 7枚少し低め)

それぞれの球を細長い涙型にして、葉型で先だけ丸く伸ばす。細工棒でヒラヒラをつける。Img_1862型から外したら、丸め棒で先と境を伸ばしスプーンみたいな形に。Img_1863

3.花びらを組み立てるImg_1865Img_1868
4.ガク

7mm球 5枚+1cm球5枚
細長い涙型にして平たくする。Img_1866ガクをつける
Img_1872
お花1輪完成Img_1873
華やかなお花ができてうれしい。

後日宿題でお花1輪、蕾1輪を作ってキャンバスにアレンジしてみました。

ミニブーケに見立てて、白いリボンをつけてみました。クレイで作りましたが、厚みが難しかった。

イメージ通りのかわいい作品が完成Img_2140

Img_2137Img_2141

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/10/18

干支の押し絵 亥

毎年教えてもらってる干支の和小物。今年は押し絵イノシシです。

先生がキットにしてくれているので、生地など選んで型紙を切って、簡単に作れます。

Img_1746Img_17472
緑系のちりめんを着物と羽織にチョイス。
顔はストライプの面白い生地を使います。Img_1749_2目が少し寄り目になったけど、OK


座布団は綿が入って芸が細かい!(先生ありがとう)。
金襴の貼ってある羽子板にイノシシを貼り付けて完成~。Img_1808紅白の結びは先生が作ってくれてた中から選んだもの。豪華になりました。Img_1807
ミニ羽子板がサイズ的にもちょうどかわいい


先生の作品と並んでポーズ。それぞれにいい感じ。Img_1750

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧