2018/12/22

東京駅界隈 イルミネーション

いつもの2人飲みの友達と今日はイルミネーションを見に東京駅界隈へ。

まずは東京駅の駅前。雨上がりっていうのもあって、一層キラキラ。Img_2772並木道も好き。Img_2790
新丸の内ビルディング
雪の結晶みたいなツリー飾りImg_2775


丸ビル
ユーミンの♪恋人はサンタクロースに合わせて色が変わる。ミラーボールが天井に描いた光が雪のよう。
(写真は前の人の頭が入ってしまってイマイチ)Img_2777


Img_2781Img_2783近くで見たら毛糸玉が可愛い。

Img_2788

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/12/09

競馬 初体験

友だちから中山競馬場の招待席の招待をいただき、初めて競馬場へ。

駅からは長いトンネル。Img_2608
Img_2612

競馬に負けた人が周りに迷惑かけないように隔離されているのかな。行く人も帰る人も結構多くてびっくり。

トンネルを抜けて入場ゲートをくぐりさらに進む。地上への出口付近で友達と合流。
坂を上がってみると広々とした競馬場と観覧席。私たちの席はガラスの向こうらしい。

Img_2613Img_2615


Img_2614

パドックで馬を間近に見る。Img_2616
きれいshinehorse

席に行くと最前列で見やすそう。事前にもらった資料はわかりやすく初心者向き。Img_2623Img_2618

ひとつレースが終わり、芝を人力でならしていたのが意外。そして出走ゲートは車で移動できるんだ~。距離を合わせるためね。Img_2619

Img_2620


表彰式もやってました。

 

 

 

次のレースは初出走の2歳馬らしく、紹介されて順に出てきた。有名な女性騎手もいた。Img_2621

ここでさらに友人と合流して、とりあえず昼ご飯。レストランがいろいろあるみたいだけど、近いところのライオンへ。Img_2622

席に戻っていよいよ馬券を買ってみる。初心者向けの記入しやすい用紙がよかった。Img_2625
本当に適当に選んで、マークシートで記入し自販機へ。お金と用紙を入れると馬券が出てくる。間違ってると券売機の横の窓が開き、係の人が出てきて教えてくれる。至れり尽くせり・・・。Img_2626

馬券を買ったレースは真剣に応援notes。馬の走りっぷりやレース、見てるだけでも面白いけど、やっぱり参加しなきゃね。

1日に10レース強行われるようで、私が買ったのは最後の3レース、全部ハズレ。友達は一つあたったgoodImg_2637

最近の競馬場は家族連れもいて、真ん中は子供の遊び場になってるみたい。きれいだし女性も行きやすい場所になってるのね。

あったかい室内でレースも見れたし、面白い経験ができて、楽しかった。

5時前には終わったので、そのまま西船橋で軽く飲んで帰った。

いつも貴重な経験をさせてくれる友達に感謝lovely

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018/11/26

川越 ショートトリップ

元会社の先輩と同期の3人ン組で小江戸川越にショートトリップ。
蔵造りの町並みが有名。歩いて回って、1日なんと2万2千歩!

喜多院では紅葉が少し楽しめました。Img_e2281Img_e2273Img_e2275


Img_e2278

時の鐘は町のランドマーク。Img_e2448
埼玉りそな銀行川越支店、洋館っぽくておしゃれ。Img_2298亀谷本店。まさに蔵造り。Img_2291

小江戸川越は食べ歩きも楽しみな街。
飴屋さんがお休みだったのが残念。
菓子屋横丁で揚げたて芋けんぴをシェア。

Img_e2300
できたてのさくとろスイートポテトアップルパイも一口食べて、後は持って帰ろ。Img_e2303
お昼は飛び込みで、天あさ天丼にしました。なんと1000円。Img_e2293
スタバも小江戸風。コーヒーを買って飲み歩き。Img_e2449

神社やお寺も多かった。

熊野神社にはヤタガラスが祀られて。Img_e2289


Img_e2284

氷川神社Img_e2452

お目当ては釣って占う鯛みくじ。3人とも大吉ってもしや・・・。
Img_e2456
縁結びの神様だとか。Img_e2453Img_e2457
御朱印は印刷したもので、ちょっと残念でした。

通りがかったガラス工房でトンボ玉作りを初めて体験。(これは別の記事で)
ノープランで集まった3人ですが、なんだかんだ楽しめました。

池袋まで一緒に行き、飲んで帰りました。
居酒屋風だったのにアラカルトで頼んだら、そうでもない料理がめっちゃ高かった。失敗sweat02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/11/19

パナソニック美術館から汐留

友だちがパナソニックの汐留ミュージアムのチケットがあるというので、汐留のパナソニックへ。

ジョルジュ・ルオー展でした。

当館の開館15周年、そしてジョルジュ・ルオー(1871−1958)の没後60年となる節目の年に、ルオーの画業の軸である「聖なる 芸術」をテーマに、ヴァチカン美術館所蔵の油彩画など日本未公開作品を含む代表作を多数取り上げて、ルオー芸術とそのモデルニテ (現代性)を再考します。作品に込めた画家のメッセージとともに、ルオーの目指した「愛の最も美しいかたち」をご覧頂きます。

とありました。

キリストの聖顔も多く書いていますが、暗い現実の中に明るさを見出したような絵になって行ってました。裏表に書いた明暗の印象の違う水彩が一番印象的。

そのあと、下の階のパナソニックのショールームを見学。家を建てたときを思い出して・・・。

お茶をして帰ろとしたら、イルミネーションがきれいでした(日テレの下です)。

Img_2159

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カレッタ汐留 イルミネーション2018

帰り道、カレッタ汐留でもうイルミネーションが始まっていたので寄り道。小雨がぱらついていたけど、ビデオや写真を撮りながら見ました。

Img_2175Img_2168

アップもきれいshineImg_2165

アナ雪とラプンツェルの音楽にのせて色が変わります。
Img_2180Img_2183Img_2188Img_2190Img_2192Img_2195Img_2198Img_2199
終わった後、スタンプラリーしながら上の階へ。こんな感じになっていました。Img_2174思いがけずイルミネーションを楽しめてラッキーnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/09/22

KAWASAKI TAP FESTIVAL

KAWASAKI TAP FESTIVALにラゾーナ川崎のプラザソルに行ってきました。

小さな会場だったので、近くで見えて迫力がありました。

実は息子が出演。初めて目の前で息子のタップを見ました。緊張してたけど頑張ってた。happy01Img_1564x

他のプロの方々の演技も圧巻。

タップダンスの世界を垣間見た感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/09/09

赤坂 『カーサクラシカ』 金澤亜希子とKAGEKIなソプラノ達

大学の友達が趣味で始めたコーラスがセミプロになり、いつのまにか、セミプロのソプラノ歌手に!

はじめてのサロンコンサートに行ってきました。

オペラ仕立てで寸劇と歌、分かりやすくて楽しかったです。

しかもすぐそばで聞けるという贅沢。大きなホールでのコンサートとは違って私はこっちの方が好きかも。

Img_1481歌もほんとうに素晴らしかったです。

始まる前にランチ。Img_1467Img_1468
食事とチャージ料で5000円弱。素敵なひとときでした。

帰りに大学の友達とお茶。

理系の長女さんの就職が決まった友達。

次男さんの結婚相手と顔合わせした友達は、長男さんの大手婚活サイトの話が面白かった。

長男さんが家業を継いで、結婚も決まったという友達はこれから顔合わせ。

一人の先輩は4つ違いなのに、とても若くてびっくり。ダンスを続けてたからかな。今はパートナー解消してるとのこと。捨て猫ちゃんを育ててあげてるって話も感激。

そして歌手の友達はフルタイムで働きながらの活動。料理もすごいし美術関係も詳しくてスーパーウーマンです。次女さんが鉄道関係に就職されたとのこと。

みんないろいろ変化の年になりそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/06/27

劇団四季『ノートルダムの鐘』

劇団四季友の会の友達に『ノートルダムの鐘』に連れて行ってもらいました。最前列すごい迫力・感動の舞台でしたshine

ノートルダム大聖堂の鐘突き塔に住むカジモドという背蒸し男の切なく悲しい愛の物語。

叔父にあたる聖堂の聖職者フロローに赤ちゃんの時に引き取られ、鐘突き塔に閉じ込められたカジモトは、見かけは怪物だけど心は純粋。
聖職者であるフロローは、ジプシーのエスメラルダに恋して、自分の中に潜む悪に負けてしまう。

警備隊長フィーバスもカジモドもエスメラルダに恋をする。

フロローとカジモドの心の葛藤に心が震える。最後の曲では泣いてしまいましたcrying

カジモドを表す顔の傷をほかの方が顔に付け、自分たちとカジモドの違いはなんだと問いかけてくる、演出も感動に追い打ちをかけてきますcrying

そして何よりカジモドを演じる役者(金本泰潤さん)が背蒸しとしての動き、ゆがんだ顔で話すのが本当にすごい。どんな努力をしてるんだろうと思ってしまう。
フロロー役の川口竜也さんの迫力もすごい。
イケメンのフロロー役、佐久間仁さんのツバまで見える席で、ダンスの振動も伝わりました。
エスメラルダの宮田愛さんは美しく強い女性。ダンスも歌も素晴らしかった。

そして舞台装置の鐘や石像(カジモドと話せる)なども素晴らしいup

終演後はスタンディングオベーションの嵐でした。

四季の舞台はどれを見ても、終わった後の感動が半端なくて余韻が後をひきます。

見られてよかった。友だちに感謝happy01
Img_1013_4
Img_0925

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/06/24

30年ぶりのフリマ 横浜スカイビル 

会社の方が横浜スカイビルでフリマをする話をしていた。

うちにも不用品がいろいろたまってきたし、スカイビルなら勝手知ってるし、と急遽フリマに申し込み(出店料2500円くらい)。

フリマは子供が小さかった30年くらい前に奈良で1回やったきり。ちょっと楽しみでもある。

売りたいのは着なくなった服とか靴、余計に買ってしまった花器などだけど、婦人服は売れないらしいので、家の中から雑貨をいろいろ探して並べてみました。

出店料くらい稼がなきゃ、ねwink

準備した様子がこちら。Img_0893

値付けは、とにかく誰かに使ってもらえれば、と、服は500円、雑貨は箱に入れて100円、のように安く設定。息子の提供してくれた雑誌の付録は300円。少し高く設定した浴衣はアイロンをかけボール紙に縫い付けて売ってるみたいにしたり、アクセサリーのいいものはPP透明袋に入れたりときれいにしました。

未使用の花器や未使用の靴は買った値段で売れなければ持ち帰る覚悟。

でいよいよ当日。スーツケースとIKEAの大きな袋2つ分。

娘と出す予定でしたが、体調が心配なので、急遽息子が荷物持ちで同行してくれることに。しかも朝は雨。

到着して受付を済ませたものの、まだ小雨。幸いにも建物の下で直接は濡れない場所でしたが様子を見ていると・・・隣のブースの人が店開き。

ブルーシートの上に服を出すと、ピラニアのように人が寄ってきて、服を取っては戻しを繰り返しています。

wobbly

たぶん慣れている人で平気で対応していましたが、盗難もあると聞いていた私と息子は、思わず尻込み。しばらく様子を見ていると私たちの荷物も覗き込もうとしたり・・・。業者みたいな人たちが多いみたい。

雨も上がってきて、お店を出し始めた人が増えたので、ブルーシートを敷いて、スーツケースを開け店開き・・・。覗き込む人垣・・・怖wobbly

「準備できるまで待ってください」と言いながら、荷物を出す間も手が伸びて・・・。

はじまったら、何が何かわからない感じでガシャガシャ売れたり値下げ交渉されたり・・・sweat01

息子がいてくれて助かりました。一人じゃ無理。最初の人混みが収まったあとも断続的に人が来て、気が付いたら昼過ぎ。娘が様子を見に来てくれたので、息子を食事に出し、私もおにぎりを買ってきてもらい食べたり・・・。

娘が来て浴衣ととかも売れました。

いつの間にか主人も来ていて、なんか家族で出かけることもなくなってたので、久々に4人そろったイベントになりました。

3時くらいに店じまい。やはり花器は売れ残ったけど、ほかのものはかなりさばけて、まあよかったかな。15,000円くらいの収入、娘には売れた洋服分を、息子には気持ちバイト代を渡せました。

疲れたけど、面白い体験ができて楽しかった。

そうそう、あまりのすごさに現場の写真は取り損ねました。coldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/06/21

JUJU TOUR 2018「I」

JUJUのホールツアー『JUJU TOUR 2018「I」 』に参戦。

意外にも初めて行った横浜パシフィコ国立大ホール。夕陽を受けてきれい。Img_0881

入口の目の前が海。梅雨の中休みで気持ちいい。Img_0884Img_0883

コンサートはアルバム「I」の曲中心で、デビュー15周年のJUJUが、思いを込めて作ったアルバム。

今の自分は昔のいろいろな自分、つらいことも楽しいことも、すべて今の自分につながっていると思う。いろいろなシチュエーションの「I」の歌、そして支えてくれたファンに感謝のメッセージを込めた歌だというようなことをはなしてくれました。

すべてを受け止めてくれそうな懐の深いJUJU。

「横浜のみなさま、○○を歌わせていただいてよろしいでしょうか」というような話し方で、独特の空気感でみんなを惹きつける方。

会場からの声にも敏感に反応してくれて、とても面白い。
例えば「次が最後の曲になりますが・・・」と話し始めると、会場から小さな「え~!!」が。

「え~!が欲しくて言っているわけではなくてですね・・・。12人くらいの方でしたが」笑いがおこる。

「次が最後の曲になりますが・・・」と再度いうと、会場から大きな「え~!!」(空気を読む観客)笑いがおこる。

「ですからみなさま、私も大人なので、え~!が欲しくて言っているわけではなく」またまた笑いが怒る。こんなやりとりを何回か、ほんと笑いがわかってるJUJU。

曲は一緒に参加できる歌もあり、ダンスもかっこいい。

切ないナンバーも多いけど、最後はみんなへの感謝を込めた歌「I」や小田和正作の「あなたがくれたもの」などでしめくくり。

「これからも色々なつらいこともあると思いますが、そんな時今日の『くすっ』を思い出していただけたら」とみんなへのJUJUらしいエール。

アンコールでラストシーン、YOUといっぱい気持ちを受け止めました。ありがとうJUJUcrying

Img_0886Img_0887
外に出ると、また横浜の夜景がきれいshine

Img_0889Img_0891Img_0892
Img_1012

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧