« 日テレポシュレのパーフェクトフィットファンデーション使ってみました | トップページ | 屋上からの景色 »

2019/08/25

劇団四季『エビータ』

劇団四季『エビータ』(in相模女子大学グリーンホール)を観ました。

エビータって知ってるようでちゃんと知らなかった。

アルゼンチンの片田舎に私生児として生まれた一人の少女エバ。
彼女が大統領夫人となり、33歳でその生涯を終えるまでの一生を描いた『エビータ』

貧しい人に富を分け与えたがアルゼンチン経済を悪化させた彼女・・・善か悪か評価がわかれるようです。

舞台は素晴らしい歌、聞いたことがありました。そしてエビータ最高の時の美しさに見とれました。友達の一押しの方(涼太さん)も出演していて素敵でした。

また最前列だったので、チェ・ゲバラが目の前の階段に座って歌う姿にはうっとり。(友達に感謝です)

浅利慶太さんの追悼作品、浅利さんの訳詞だったんですね。

Img_4693

始まる前に相模原で軽く昼食。パスタとソフトクリームのセット。Img_4691 Img_4692

終わった後は地元駅まで帰ってアフタヌーンティーでお茶しました。Img_4694

 

 

|

« 日テレポシュレのパーフェクトフィットファンデーション使ってみました | トップページ | 屋上からの景色 »

コメント

浅利さんの作品には 心を打たれるものが多くて・・・いいものをご覧になりましたねぇ あとの召し上がりものもなお素敵!

投稿: さえ | 2019/09/22 08:58

>さえさま
四季の友の会に入っている友達が誘ってくれてラッキーでした。

投稿: まゆクー | 2019/09/25 01:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日テレポシュレのパーフェクトフィットファンデーション使ってみました | トップページ | 屋上からの景色 »