« 半年ごとの家のメンテナンス | トップページ | カプセルホテル初体験 ベイホテル日本橋室町 »

2018/06/03

コブクロ ライブ 2018

KOBUKURO WELCOME TO THE STREET 2018 ONE TIMES ONE

横浜アリーナに参戦。1万3千人の真ん中に2人だけのステージ。

コブクロ初となる2人だけのアリーナツアーだそうです。小淵君のギターと二人のボーカル。ストリートみたいで感動でした

メンバー紹介では、小淵君がバンドメンバー全員を一人でやって、パーカッションはギターをたたき、ストリングスはギターを首に・・・、大活躍でした

演奏の時もエコーみたいな録音機?を使って、今演奏した音をリフレインしながら演奏を重ねる、そんな技をやってました。一人何役?がんばったな~

日替わりのリクエスト曲コーナーでは、お疲れ気味の黒田君、「楽なのにして」、とリクエスト。お客様のリクエストの中から、それを待ってた!と選んでました(笑)。

生のやり取りがほんと楽しい二人。リクエストされた曲について二人で合わせてる時間は、スクリーンに「工事中」が出てほのぼの待てました。

今回は安室ちゃんのラストコンサートと重なったことから、「安室ちゃん、はずれたん?」と観客をいじり、また横浜ってことで「ゆず」いじり。ゆずのライブに行った話。そして「夏色」をうたってくれました。なんと黒田君がタンバリン担当。タンバリンたたきながら歌えないことが判明。やり直したりして・・・その不器用さがまたいい

「蕾」は泣きました。一番聞きたい曲。アコースティックがまたしみて、小淵君の優しい声、黒田君のシャウトが心に響きました。最高です。ありがとう

そしていつもながら、ここのステージに立ててるのはファンのおかげ、と大きな感謝を伝えてくれて泣いてしまいます。ずっとずっと応援し続けたいって思いました。

気になったのは、立ってる人が少なかったこと。スタンド席では遠慮がちに立ってる姿が気の毒でした。私もノリのいい曲では立ちたいタイプですが、周りに気を使ってあまり立てなかったです。最近はそうなのかな?

あとアンコールの時に歌う歌(「朝まで僕らと一緒に歌ってくれませんか・・・」)も周りはほとんど歌ってなくて、あとアリーナの声もそろわずバラバラで残念でした。センターステージだったから揃いにくかったのかな。コブクロもアンコールで出てきにくかったのではと心配しました。

でもでも本当に素晴らしいステージで、泣いて笑って心にしっかり刻みました

Img_0842

帰りに友達と新横浜で食事しようと思ったら・・・お店はどこもいっぱい。

ファーストキッチンでハンバーガーを食べて帰りました。Img_0807

≪セトリ≫

YELL~エール~
One Song From Two Hearts
Million Films
ストリートのテーマ
君になれ
向かい風

リクエスト曲
朝顔
どんな空でも
Ring




夏色 [ゆず]
潮騒ドライブ
Moon Light Party!
轍 -わだち-
ONE TIMES ONE

アンコール
赤い糸
バトン

|

« 半年ごとの家のメンテナンス | トップページ | カプセルホテル初体験 ベイホテル日本橋室町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コブクロ ライブ 2018:

« 半年ごとの家のメンテナンス | トップページ | カプセルホテル初体験 ベイホテル日本橋室町 »