« イエローナイフ オーロラツアー顛末記 その3:オーロラツアー初日 | トップページ | イエローナイフ オーロラツアー顛末記 その5:オーロラツアー2日め »

2016/01/15

イエローナイフ オーロラツアー顛末記 その4:イエローナイフ街歩き初日

起きたのはお昼前。窓を開けたら朝日?がきれい。もう昼だけど・・・sign02

Img_4850_2Img_4851_3
(ホテルの窓からの景色。遠くに湖が見える)

とりあえず、街歩きの服装(準備編参照)に着換えて支度をして、お昼を食べに街に出る。昨日は夜だったので初めて見るイエローナイフの街だ。

街と言っても徒歩10分位で歩ける範囲。

ボストンピザに行った。ピザチェーンかな。Img_4862_2
中はカナダ人で結構いっぱい。日本人は私達くらい。

席に案内されメニューを広げたら、「飲み物は?」とウエイトレスが聞きに来た。まだどこに飲み物があるのかもわからないから「ウエイトアミニッツ」と言ったら、「あらあら・・・」って感じで戻っていった。

Img_4854_2


メニューを何とか読んで、飲み物を決めたが、中々オーダーを取りにきてくれない。

やっと来たので、主人はビールをオーダー。私はFREEって書いてあるページを見て、フリードリンクかと思い、コレって頼んだ。

「スターバックス?」と聞かれたので「フリードリンクを頼みたかったけどまあいいや」と思い「イエス」と答えた。言葉が通じないって不自由だわsweat01

ウエイトレスさんが行ってから、よ~くメニューを見たら「FREE」の下に「REFILLS」とあって、あ~お代わり自由なのね、と納得。coldsweats01
スタバコーヒーお変り自由$3.25なら上出来scissors

ピザも色々あったけど、とにかく一番メジャーそうなやつボストンロイヤルにして、大きさスモールオリジナルクラストと、ちゃんとメニューを見て決めたscissors。日本人には量が多いと聞いていたので、ピザとサラダガーデングリーンサラダをシェアして食べることに。

さて、決めたのにキョロキョロしてもウエイトレスさんは来ない。どうやら昼休みが終わってレジが混んでいるらしく、しばらく放置されていた。Img_4858_2レジが終わってウエイトレスさんが来てくれた。オーダーでき、料理が来て、ほっとしたconfidentImg_4859_2

Img_4860_2Img_4857_2
主人は2杯目のビール。もちろんお代わり自由ではないwink

ピザは普通においしかった。タバスコが欲しかったけど「タバスコ」と言っても通じず、「ホット」「チリ」とか言ってたら「チリペッパー」を持ってきてくれた。カナダにタバスコはないのかな?。

腹ごしらえができたので店を出て、主人が再優先で行きたかった酒屋 リカーストアーに行った。イエローナイフはどこででもお酒を売っていない。酒屋か飲み屋でしか手に入らないらしい。酒屋は街に1軒しかない。そこで毎晩お酒を飲む習慣の主人は、昨日(と言っても深夜)ホテルにお酒がないことに愕然として、今日は何が何でも最初に買いたかったらしく、ここに来た次第coldsweats01。主人はウイスキーを買っていた。

私は「めんどくさいな~」と思って付き合いつつ店内を見ていたら、アイスワインを見つけた。おみやげにしようと思い、10本買い占めた。「なんだ~来てよかったheart01。」

スーパーの袋がないと聞いていたので、エコバッグを持っていたけど、お店のバッグが欲しいと主人が言うのでそれも買った。$1。帰ったら絶対使わないのにな~。

重いので一端ホテルhotelに戻る。

この街に来て驚いたのは、太陽が低いことsign02一日中、太陽sunが下の方にある。夕日が沈む時みたい。
そのためか、いつも月が見えている。北極圏にきたんだな~って実感confident。(宇宙の事はよくわからないけどcoldsweats01Img_4865_2

Img_4864_2Img_4863_2(写真は午後1時頃の太陽と街の様子)

それから車rvcarが必ず止まってくれる。信号が少ないので、道を渡るときはほとんど何にもないところをわたるのだけど、両側の車が必ず止まってずっとわたるまで待っててくれる。歩行者に優しい街heart03

それから車のナンバープレートが白くま。かわいいnoteImg_4926_2

そうそうロビーには白くまがいた。Img_4866_2
ホテルに帰ったあと、今度は主人にとって2つ目の大事な目的(1つ目は酒屋だったからsweat01)、娘に頼まれたカナダグーズダウンのお店に行くことに。

主人はイエローナイフ行きが決まって娘に、
「何か欲しいものはないか」
と聞いて、
「安かったらカナダグースダウンが欲しい」
と言われてから、毎日カナダグースダウンを調べている。
「どれがいるんだ」
としつこく聞くので半分嫌がられていた。娘に気に入られたい一心で、かえって疎まれるという、いつものパターンsweat01

最近日本でもカナダグースダウン(腕に楓の赤と青のワッペンが付いてるやつ)が流行っていて、確かによく見かける。コートは高い(8万くらい)ので、娘も是非にとは思っていないのだけど、主人がとにかく気になっている。
「カナグー(カナダグーズダウン)を着てる人を見た!」
と日本でもカナダでも必ず報告する。あなたはカナグー捜査官か、と突っ込みたくなるくらいの頻度coldsweats01

さてさて、カナグーのお店に行く話に戻る。出発前に「私は英語がしゃべれないから、欲しいものが見せてわかるようにしておいて」と、娘に資料を用意してもらった。
コートの写真や型番、色、サイズがわかるものを第1第2希望まで書いたものと、お店の地図も印刷してくれてた。

こんな小さな街だけど、1軒だけカナグーの正規代理店ウィーバー&デボアがある。街ハズレなので、ホテルからタクシーで行く。Img_4888_2
倉庫のような建物。中は田舎町の雑貨店。日用品のお店だった。
ここ?と思ったら2階が防寒ウエアのコーナー。

大柄な女性が2階に案内してくれた。

娘が作った資料を見せて「これ!」って指差したら、「これはない」と言われた。
第2志望のを見せたら、「OK」と言って倉庫まで取りに行った。

Img_5062_2


埃で黒くなったビニールから確かに写真と同じコートが出てきた。
念のため私が試着することになっていたので、「Can I try this?」と唯一予習していた英語で、試着させてもらう。大丈夫そうだscissors
娘から$800以下だったら、ってことだったので、定価の10%OFFにTAX5%で$800以下だったので買うことに。

「これを買う」って言ったら、「そのまま着て帰るか?」と言われた。

「娘のだから袋に入れて欲しい」と言ったら、コートを例の黒いビニール袋に入れてレジに持っていくよう言われた。レジで「ギフトラッピングは?」と聞いたけどそれも通じないようで・・・ただ別のビニール袋に入れてくれたcoldsweats01

Img_4869_2店を出ると外で飼い主を待つわんちゃんdog。靴を履いてる~。でも服は着てない。-30度でも平気なのね。服を着るのは日本の犬だけ?

 

 

私が行きたかったパイロットモニュメントという眺めのいい場所がすぐそばなので、少し丘を登って行ってみた。

Img_4870_2


イエローナイフは大きな湖のそばの街。冬は湖が凍ってアイスロードという道ができてるらしい。その景色が一望できて気持ちいい。

Img_4874_2Img_4875_2

もうすぐ日没。なにせ日の出が朝10時前、日の入りが夕方4時前という短い日照時間。おかげできれいな景色を見ることができた。Img_4878_2Img_4880_2Img_4882_2


月もきれい。お気に入りの1枚。Img_4881_2
韓国人の青年に写真を撮ってもらった。私も撮りましょうかと彼のアイフォンを構えた途端電源が落ちた・・・wobbly。「sorry」と行ったら「大丈夫」という感じで、代わりのカメラを出してきたのでそれで撮ってあげた。やっぱり電源は寒いところではすぐおちるのね。

息でまつげが凍る。

パイロットモニュメントから下って、湖に出てみた。船も一緒に凍っていた。Img_4890_2
静寂、がぴったりの景色に静かに感動confident

通りかかったタクシーでホテルに帰り、荷物を置いて、今度はすぐそばのノーザンフロンティアビジターセンターへ。ここは私が行きたかったところ。

途中で日が暮れた。Img_4895Img_4896
かわいいカナダ人の受付の女の子がピンバッジをくれた。(ちなみにオーロラビレッジのウェルカムキットに入ってたのと同じ)

$3で北緯60度を越えた証明書をもらった。Img_4917
ビジターセンターはこじんまりとイエローナイフを紹介する展示があった。Img_4899Img_4900Img_4901おみやげになりそうなハーブ系のものもあった。また来よう。

帰りに街に1軒ずつある、スーパーインディペンデントとドラッグストアショッパーズ・ドラッグマートをチェックしておみやげを探すも、適当なものはあまりない。

Img_4905


今日の気温、-26℃

ホテルhotelに戻って、ホテル内のレストラン トレ-ダ-ズグリルで夕食。
バイソンのミックスグリル$42 と 天然北極イワナの網焼き$38

Img_4910Img_4909
ワインも軽く飲んだ。Img_4906
この後のオーロラツアーを考えると、夕食は軽くしとかないとな~。

おいしかったheart04。パンもおいしかったheart04

|

« イエローナイフ オーロラツアー顛末記 その3:オーロラツアー初日 | トップページ | イエローナイフ オーロラツアー顛末記 その5:オーロラツアー2日め »

コメント

充実した旅の様子を拝見(?)ウットリしたり、うなずいたり、限られたスケジュールをよくこなされて
さすがですねぇ、どの写真を見ても広々しているのが
日本にない景色ですね、

投稿: さえ | 2016/02/06 15:26

>さえさま
ありがとうございます。

本当に空が広くて写真を撮るのも楽しいです。

投稿: まゆクー | 2016/02/09 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111574/63135381

この記事へのトラックバック一覧です: イエローナイフ オーロラツアー顛末記 その4:イエローナイフ街歩き初日:

« イエローナイフ オーロラツアー顛末記 その3:オーロラツアー初日 | トップページ | イエローナイフ オーロラツアー顛末記 その5:オーロラツアー2日め »