« 銀座 『ブルガリ ラ・テラッツァ・ラウンジ』 | トップページ | ツムツム その後 »

2014/08/15

東京 日本橋 『オーグードゥジュール メルヴェイユ』

ちょっと贅沢にフレンチ。
Img_2033


前から行きたかった東京 日本橋 『オーグードゥジュール メルヴェイユ』でランチ。

MenuB(5150円)をオーダー。
オードブル2品+魚+肉+デザートのセットです。Img_2034

最初にアミューズが登場。一口サイズの小さな料理。シュー生地(温かくほわほわ)の中に豚のパテ、と、黒胡椒のサブレ。どちらもワインに合うんですwine。そうそう白ワインをオーダーしたら、冷たくキリッとおいしい~。

オードブルは2人で別のものを頼んだので、全部で4種類シェアして食べました。
<オードブル1>2種類からチョイス
海の幸、ロマネスクのムース、貝のジュレ

Img_2037貝はつぶ貝やサザエ、ロマネスク(ブロッコリーみたいな野菜)のムースにからまっていい。上にはライムの泡状のソースが乗って、食感や味が楽しめましたheart04

しまアジと桃のマリネ ゆずこしょうドレッシングImg_2036桃の甘みと酸味が鯵とばっちりheart01

<パン>もちろん焼きたてでおいしい!heart04Img_2035
<オードブル2>3種類からチョイスしたのがこちら。
ブータンノワールとフォアグラブリュレImg_2039フォアグラの上にカリカリのブリュレ。下の黒い塊がブータンノワールという豚のレバーらしいんですが、これがおいしいheart04。意外でびっくりでした。フォアグラの濃厚なおいしさはもちろんです。奥はバターたっぷりのパン?名前は忘れましたが、カリッとしてグーでしたgood

鮎のコンフィ 鮎のキモソースImg_2040鮎がふっくらしてて、ポテトと一緒に食べました。ほんとおいしいscissors。バターもいい。鮎のキモソースは珍味っぽくてちょっと苦手でした。上はおかひじき。

ここまでで前菜。これだけでも十分満足なんですが、これからがメインです。

<パン>今度はフランスパンです。お替わりを持ってきてくれます。Img_2038

<魚料理>1種類なのでチョイスなしです。

本日の鮮魚 夏と黄色Img_2041

イトヨリダイの上に網みたいなものをのっけて焼いてます。網がカリカリで、ふわふわの身に乗って、その組み合わせでおいしさ倍増。ソースのかぼちゃはコリンキーというかぼちゃです。甘さがぴったりgood

<肉料理>3種類からチョイスなんですが、塊でお肉を焼くのでテーブルごとに1種類とのことでこれにしました。

熟成銘柄豚のロースト 季節野菜添えImg_2042
ルイビ豚(ルイビトンと読んではいけないそうです、ルイビブタ)という銘柄豚。熟成しているからハムみたい。きれいなピンクで柔らかさがちょうどいい。カリカリの脂身の旨味がまたたまりません。付け合せのトマトの焼いたのも中がとろりとして甘みがあってグーheart02

<プチデザート>Img_2043お店の名物という小さな器に入った一品。韃靼そば茶のブランマンジェ。オリーブオイルと塩アイスと一緒に食べて絶妙!heart01

<デザート>2種類からチョイス。シェアしました。

桃のゼリーにダグワース。キャラメルアイス。(だと思う)

Img_2044
アイスに桃のソース、トマトのジュレ。(だと思う)Img_2045
デザートも素晴らしすぎて、めちゃくちゃ美味しかったですlovely。(ただ細かいところを忘れてしまって説明できません。)

最後にミニ焼き菓子。

Img_2046フィナンシェです。最後の最後まで、楽しませてくれるお店で感動でしたhappy01

あとはコーヒーをいただきおいしかった~cafe

メルヴェイユって奇跡っていう意味だとか。小さな奇跡を届けてくれるんですね。

お店のレビューを見ても高評価でしたが、期待を裏切らないそれ以上の満足度でした。また来たいheart04heart04

|

« 銀座 『ブルガリ ラ・テラッツァ・ラウンジ』 | トップページ | ツムツム その後 »

コメント

またまたおいしそう! 豚のレバ、アユ以外はみんな食べたい!ご馳走様!

投稿: さえ | 2014/08/18 09:41

>さえさま
ここはほんとにオススメでした。
苦手なものは言えばはずしてくれそうです。

投稿: まゆクー | 2014/08/20 04:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111574/60168148

この記事へのトラックバック一覧です: 東京 日本橋 『オーグードゥジュール メルヴェイユ』:

« 銀座 『ブルガリ ラ・テラッツァ・ラウンジ』 | トップページ | ツムツム その後 »