« 鎌倉 国宝めぐり 2.円覚寺 『梵鐘』 | トップページ | 干支のちりめん細工 巳 »

2012/11/02

鎌倉 国宝めぐり 1.円覚寺『舎利殿』

友だちが円覚寺の舎利殿を見に来るということで、誘ってくれて3人で北鎌倉集合。

舎利殿は年に2回のみ公開され、その1回が11月の宝物風入れのこの時期shine

友だちは『国宝を見る』というテーマで少しずつ回っているらしく、今回は鎌倉に。

鎌倉の国宝建造物1件、建造物に近い工芸品3件
1.国宝 円覚寺舎利殿(えんがくじしゃりでん)
2.国宝 円覚寺梵鐘
3.国宝 建長寺梵鐘

4.国宝 高徳院清浄泉寺 阿弥陀如来坐像 (鎌倉大仏)

のうち、今回は1~3を見ることに!

鎌倉に住んでいる割によく知らない私、とっても勉強になるショートトリップだった。

円覚寺に入る時、「まずは南口に集まって元々の入り口から参拝しよう」

円覚寺に入って、「三門は、夏目漱石の『門』のこと。今回『門』も読んだよ」って。すご~い予習もそこまで、さすがだ!flair

私が円覚寺について説明できることは、「途中でお抹茶飲めるところがあって、豊島屋の子鳩豆楽が出てくるよ。」(佛日庵)ってことだけ。これじゃ鎌倉市民として恥ずかしいcoldsweats01。今日は一緒にしっかりオベンキョしよ。持つべきものは賢く優しい友だちだね~scissors

いよいよ『舎利殿』。中でお坊さんが説明してくれていて、よく分かった。その内容は

永禄6年(1563)の大火により消失。現在の舎利殿は鎌倉尼五山の一つである太平寺の仏殿を移したものとの伝えがあり、鎌倉後期から室町時代の建築物。

●禅宗の代表的な様式。
・入母屋造り
裳階(もこし)と呼ばれる下の屋根がついて2重に見える。(スカートみたい。腰につけた飾り
・屋根の端が反り上がり、躍動感がある(上と下の屋根の反りも微妙に違ってすごい)
・放射状の垂木:母屋の屋根を支える垂木が放射状で扇垂木(おうぎたるき)という。
※裳階の垂木はまっすぐ

柿(こけら)葺き(椹(さわら)の木)
花頭窓(かとうまど;炎か花の形みたいな窓)、花頭枠(かとうわく;花の形みたいな枠)
弓欄間(風を通し、中で見える明かりも表情豊か)
桟唐戸(さんからど、縦横に桟をはめた扉)
・鏡天井(見えなかった)
・土間は瓦じきで土足で入れる


というようなお話。なるほど~。門の中では写真は禁止と書いてあったので、門の外から屋根の反りの部分を撮りました。芸術的!

Img_0804
鎌倉の建築についての説明はこちら

円覚寺総門Img_0801
円覚寺三門(涅槃に至るまでに通過しなければならない三つの関門、空・無相・無願を表す)

Img_0802_2

ウィキペディアより

舎利殿(国宝)
神奈川県唯一の国宝建造物で、境内の奥に位置する
塔頭・正続院の中にある。「塔頭」とは禅寺などで、歴代住持の墓塔を守るために作られた付属寺院のことを指し、正続院は開山無学祖元を祀る、重要な塔頭である。舎利殿は入母屋造、杮(こけら)葺き。一見2階建てに見えるが一重裳階付きである。堂内中央には源実朝南宋から請来したと伝える仏舎利(釈尊の遺骨)を安置した厨子があり、その左右には地蔵菩薩像と観音菩薩像が立つ。この建物は、組物(屋根の出を支える構造材)を密に配した形式(「詰組」という)、軒裏の垂木を平行でなく扇形に配する形式(扇垂木という)、柱・梁などの形状、花頭窓(上部がアーチ状にカーブした窓)や桟唐戸(さんからど、縦横に桟をはめた扉)の使用など、細部は典型的な禅宗様になる。元から円覚寺にあったものではなく鎌倉市西御門にあった尼寺太平寺(廃寺)の仏殿を移築したもので、15世紀室町時代中期)の建築と推定されている。鎌倉時代建立の善福院釈迦堂(国宝、和歌山県海南市)や功山寺仏殿(国宝、山口県下関市)とともに、禅宗様建築を代表するものとして、評価は高い。通常は非公開で、正月3が日と11月3日前後に外観のみが公開される。なお神奈川県立歴史博物館に内部の当寸復元模型があり、上記の建築意匠を間近に確認することができる
円覚寺梵鐘に続く・・・(後日更新します)

|

« 鎌倉 国宝めぐり 2.円覚寺 『梵鐘』 | トップページ | 干支のちりめん細工 巳 »

コメント

賢い一日でしたね、持つべきものは賢友人かも、
とかくにいるとそんなものですねぇ、私も行ってみよう・・・
遅ればせながら、

投稿: furuffuru | 2012/11/03 09:48

なが~く住んでおりますが、全然知らないです。
旅先で、こちらの方が詳しいことがあるけど、行く人は、調べていくから住人よりも詳しいのかもね。
地元向けの勉強会とかあればいいな[ワーイ]

投稿: MY | 2012/11/03 20:24

>furufuru様
いつでも行けると思うとなかなか・・・ですね。

テーマを決めて動くのっていいかもしれないです。

投稿: まゆクー | 2012/11/04 01:04

>MY様
そうそう、地元民の方が知らないですよね。

お坊さんが解説してくれてたのがよかったです。

投稿: まゆクー | 2012/11/04 01:08

最近はITのおかげで、手元に資料がなくても検索するといろいろ出てきて便利ですよね。でも、地元ならではの情報は貴重です。くるみっこにはまっています。

投稿: | 2012/11/04 21:41

>KIyoさま(ですよね?)
でしょでしょ!クルミッ子美味しいでしょ。

工場のコワレだから安く買えるし、あそこを通るとつい買っちゃいます。

投稿: まゆクー | 2012/11/04 22:45

[ワーイ]円覚寺の塔頭で直ぐ右側上る「帰源院」本堂裏の墓地を2年前に購入、家内が鎌倉では先祖から住んでるので、親戚も多く、私も何回も手術したので、駄目かと思いましたが、今回も無事生還しました。

鎌倉はとても良い所です。

投稿: 黒鯛 太郎 | 2012/11/06 22:56

>黒鯛さま
ご無沙汰しています。コメントありがとうございます。

手術何回も・・・大変でしたね。でも生還されたとのことでよかったです。

お墓もすごいところに買われたんですね。お墓を買うと長生きできると言いますから、ますます強い生命力でがんばってくださいね。

ブログ見ていただいてありがとうございました[ぺこり]。

投稿: まゆクー | 2012/11/06 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111574/56029587

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉 国宝めぐり 1.円覚寺『舎利殿』:

« 鎌倉 国宝めぐり 2.円覚寺 『梵鐘』 | トップページ | 干支のちりめん細工 巳 »