« 家の解体 | トップページ | 鎌倉 『マザーズオブ鎌倉』 »

2012/11/08

アテフ・ハリム ヴァイオリン・リサイタル in 横浜市イギリス館

愛と情熱のヴァイオリニストアテフ・ハリムさんのヴァイオリン・リサイタルnoteに行きました。場所は横浜市イギリス館、昔の英国総領事公邸だけあって、威厳のある洋館です。Img_0865


夜だったので建物やお庭はよく見えませんでしたが、日中一部は一般公開されているようです。

 

1階ホールはコンサートに利用されるらしく、今回もそのホールでのサロン・コンサートでした。

内部は撮影禁止だったので写真を撮っていませんが、天井が高くシャンデリアが美しくshine、本当に最高の雰囲気でした。まさにサロンに招かれているような心地よさで、しかもすぐ近くで、プロのヴァイオリニストの演奏を聞けるなんて初めての体験でしたheart04

Img_0882

休憩をはさんで6曲の演奏。進行役の奥様(実は高校の同級生)の曲紹介がとても上手で、クラシックに詳しくない私にもその後の演奏が楽しめるようなガイドになりましたgood

特に、サン=サーンス「死の舞踏」は、

「深夜0時を告げる時計の音とともに骸骨が踊りだすような印象」

という解説の通りの楽曲で、タイトルで想像したような暗さでなく、躍動感あふれる曲でした。アテフさんの演奏技術の素晴らしさも素人ながら実感できる、そんな曲でしたnotes

知ってる曲も知らない曲もありましたが、表情豊かな演奏とヴァイオリンの音色の奥深さに感動lovely

休憩時間にはケーキとコーヒーもいただき、幸せcafe。ケーキは鎌倉「ソワン」という以前行ったフレンチのシェフの手作りチョコケーキ。シェフもいらしてました。

アンコールの後、今日結婚記念日(金婚式よりさらに先の)を迎えられた方や、結婚されたばかりのピアニスト新里恵美さんご夫婦など、来客が何組か紹介され、お祝いの拍手をしたり、お祝いの演奏をプレゼントpresentしたりと、そのアットホームな雰囲気がとってもよかったです。

さらに私達高校の同級生3人も、アテフさんの奥様の岡山の友人ってことで紹介されびっくり。今日岡山から出てきました~みたいにたどたどしくお辞儀してcoldsweats01、ちょっと恥ずかしいような嬉しいような・・・(ほんとはみんな神奈川在住です)。アテフさんの奥様とは、実は高校時代接点がなかったのですが、去年の同窓会で会って、フェイスブックで親交を深めて今日のコンサートのお誘いに。こんな素敵なお仕事をされているんだな~て分かって、それもうれしい事でしたhappy01

終演後は一緒に写真を撮ったり握手してくれたりと、またまた近い感じに、こういうサロンコンサートもいいな~ってまた行ってみたくなりましたgood

帰りのイギリス館庭越しの夜景

Img_0867

コンサート前後に友だちと食事。

コンサート前はサブウエイのサンドイッチセットbreadImg_0864

Img_0871コンサート後は、友だちが予約してくれたバーバー&レストラン・エックスレイ (Bar & Restaurant X-Ray)へ。軽くカクテルbarやワインwineを飲みながらおしゃべりが弾みました。ピザやパスタは階下のイタリアンから運んでくれるので本格派でおいしかったheart01。イケメン店長も素敵でした。 

 

Img_0870_2Img_0869 

コンサートの余韻を楽しみつつ、元町を後にしました。

 

|

« 家の解体 | トップページ | 鎌倉 『マザーズオブ鎌倉』 »

コメント

素敵な夜を過ごされましたねぇ、
御交際の豊かさを改めて素晴らしいとおもいました、人との交際が その人の人柄を決めるといいます、いいご友人とのいいお付き合いが続きますように、そしてあなた様にも益々みがきがかかりますように
あの辺のロマンチックな夜を思い出しました、私までうっとり!

投稿: furuffuru | 2012/11/10 06:52

バイオリンいいですよね。芸術の秋ですね~。

投稿: Kiyo | 2012/11/10 17:51

>furuffuru様
最近つながり始めた縁なんですが、大事にしたいですね。

furuffuruさんの地元、いろんなロマンティクなwink想い出があるんでしょうね

投稿: まゆクー | 2012/11/10 21:42

>Kiyo様
生の音色はとても素晴らしかったです。

先日から芸術続きですhappy01

投稿: まゆクー | 2012/11/10 21:43

いい感じの時間が流れてますねー。
個人の幸せとじゃ、仕事の中での立ち位置のこととか、家庭のこととか、きっとみんなそんなもんの中で揺れ動いて、それでやっと見つけ出すくつろぎの時間なんでしょうけど、こうやって清々しい文章を読ませていただくことは救いになります。いつもありがとう。

投稿: ulala | 2012/11/11 10:48

マミで~す。
心温まる、素敵なコンサートだったんですね。
私も岡山のコンサートには行かせていただいたんですよ。
この年になって、同級生との素敵な交流ができるなんて、本当に嬉しいことですね。

カラオケオールナイトとか、サッカー日本代表観戦、素敵な洋館でのバイオリンコンサート、そしてライフワークの食べ歩き(笑)・・・
まゆクーさんは、人生を楽しむ達人だわ!
見習わなくっちゃ('-^*)/ 

投稿: チェリーまま | 2012/11/11 12:17

>ulala様
こちらこそ、ulalaさんの人間味あふれる文章に癒されてますよhappy01

ulalaさんの抱えているもののいくらかが軽くなればうれしいですが・・・heart01

投稿: まゆクー | 2012/11/11 23:57

>チェリーまま様
チェリーままさまこそ、ライフワークのお弁当ブログ、とても真似できません[ぺこり]。

しっかり子育てしてて尊敬ですよgood

子育て終ったら、きっと自由な時間がいっぱいできて・・・でもそれも寂しいかな?

投稿: まゆクー | 2012/11/11 23:59

ほんま交友の広さと元気と好奇心に感動します。

旦那さんびっくりしない?

投稿: パーク | 2012/11/13 20:03

>パーク様
主人は私には興味なしですcoldsweats01

投稿: まゆクー | 2012/11/14 02:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111574/56079483

この記事へのトラックバック一覧です: アテフ・ハリム ヴァイオリン・リサイタル in 横浜市イギリス館:

« 家の解体 | トップページ | 鎌倉 『マザーズオブ鎌倉』 »