« Panya Cotto (パンヤコット)のパン | トップページ | 栗きんとん »

2010/01/20

肺気胸・・・その後

息子の入院顛末記の続きです。

退院後初めて病院へ行き、レントゲン、診察、抜糸してもらいました。

Photo 初めて手術痕を見ました。右の脇に3か所痕がありました。

←の赤いところ。

1番大きい傷は、右手の脇のしたの下にあたるところ。最初にドレーンを入れたところで、3cmくらい。傷口が開いている感じでちょっとジクジクしてそうでしたが、先生は新しい皮膚ができているから大丈夫と言っていました。糸で縫ってあったところを抜糸しました。

2番目に大きい傷は、1番目の右(体の前)で、2cmくらい。横の線みたいになっていて、ホチキスで止まっていたのを抜糸(?)しました。

3番目は上の方で、腕よりやや後ろ。ほとんどわからない傷でした。

手術のことを尋ねたら、ハサミで切ると同時にチタンの糸が出てくるような機械で、肺の上部を切り取ったそうです。約2cmくらいの組織だったそうです。レントゲンでは確かに右の肺だけ、上が少し欠けていましたが、徐々に戻って膨らむそうです。

息子は、切った周辺の皮膚の感覚がないけど大丈夫ですか?と質問していましたが、だんだん戻るとのことでした。

今日からお風呂もOKで、軟膏を塗るようにと処方されました。

これで通院も終わりだそうです。あとは傷が治ったら完治ということで、安心しました。

先生が同じ時期に同じくらいの子が3人くらい入院してきたよ、と言っていました。受験のストレスでしょうか・・・。最後に「30日がんばってね」と励まして頂きましたhappy01

|

« Panya Cotto (パンヤコット)のパン | トップページ | 栗きんとん »

コメント

外から中まで繋がってる傷ですものね・・・
そりゃ~痛いですよ!!絶対・・・

でも若いから回復も早いでしょうし、肺も再生するならひと安心ですね。

晴れて受験に向けて頑張ってください[ワーイ]

投稿: beachbum | 2010/01/23 11:03

ひとまずご安心ですね、あと順調に事が運びますように。手術体験者としては生身の体にメスを入れるということは一大事ですもの当人にしか解らないことがあるものです、くれぐれもお大事になさってください。
お若いから回復も早いでしょうが侮らずに慎重になさってくださいね、メール差し上げても煩わしいとお察ししてご遠慮していましたが、これでひと安心でね、
追試験がつつがなくすみますようにお祈りしています、月並みなことしか言えませんが心中お察しください、若い命が速やかに回復しますように・・・スポーツマンだったご子息のお元気な姿をおもって陰ながら応援しています。
ほんとによかった~。

投稿: furufuru | 2010/01/23 19:31

我が家にも痩せた男子がいるので気になって調べました。「喫煙や運動、猫背などの姿勢、気圧変化(夏よりも秋から冬にかけての発症が多い)などによって肺に強い負担がかかったため、成長期の骨の急成長に肺の成長が間に合わずに肺が引き伸ばされてしまったため、心的ストレスや睡眠不足等の生活習慣の悪化のためとも考えられている。」そうです。寒いときに入試のために睡眠不足になったりストレスがたまっていたのかもしれませんね。私の友人のお子さんは、家庭内でイロイロあって精神が不安定になって、唯一の受験であるセンター試験を受けられませんでした。

試験を受けられるということだけでも、ありがたいことなのですね。しかし試験が一年に一回、寒いときというのがなんとも厳しいですね。
 お大事に。がんばってね♪

投稿: MY | 2010/01/23 22:06

>beachbum様
ありがとう~

脳細胞もついでに再生してくれるといいんだけどね~wink

投稿: まゆクー | 2010/01/24 00:38

>furufuru様
ありがとうございます。

furufuru様は大変な手術を経験されていますものね。お気持ちありがたいです[ぺこり]。

これだけ、皆さんに応援していただいてるのですから、いい結果がでることを祈るのみです。

投稿: まゆクー | 2010/01/24 00:41

>MY様
そうなんです。うちの場合は明らかに受験がらみのストレスですね~。

お知り合いのお子様おかわいそうでしたね。

ほんと受けられるだけで幸せnoteと思います。

投稿: まゆクー | 2010/01/24 00:43

ストレスって色々な悪さをしますね。
でも、この経験で息子さんもストレスとの上手な付き合い方がわかって、ひとつ大きくなられるのではないでしょうか。
 
受験成功お祈りしています。

投稿: パーク | 2010/01/27 13:04

>パーク様
ありがとうございます。

男の子ってなんか精神的に弱いのかな?やっぱりdespair

投稿: まゆクー | 2010/01/28 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111574/47365155

この記事へのトラックバック一覧です: 肺気胸・・・その後:

« Panya Cotto (パンヤコット)のパン | トップページ | 栗きんとん »