« HPビルダー | トップページ | ピラティス »

2005/06/11

隠し剣鬼の爪

子供の文化祭で、映画「隠し剣鬼の爪」を見ました。学校なので小さなスクリーンでしたけれど、引き込まれました。全体に山田洋二監督の世界観がにじんでいましたね~。永瀬正敏も押さえた演技で感情をうまく出しているな~と思いました。なんて、小学生の感想文みたいですが・・・

主題とは離れていますが、西洋式の訓練をするシーンが、おもしろかったなあ。歩き方や走り方を変えるのも、昔は大変だったかも、と思いました。かけっこのシーンも笑えました。

一番気に入ったのは、言葉!どこの方言かわかりませんが、東北弁っていいですね~。味があって、松たか子が話すとほんとかわいくって、景色ともよく合って・・耳に気持ちよく残りました。

|

« HPビルダー | トップページ | ピラティス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隠し剣鬼の爪:

» ■隠し剣 鬼の爪 [ルーピーQの活動日記]
 幕末の東北。海坂藩の平侍、片桐宗蔵(永瀬正敏)は、母と妹の志乃、女中のきえ(松たか子)と、貧しくも笑顔の絶えない日々を送っていた。やがて母が亡くなり、志乃ときえは嫁入りしていった。ある日宗蔵は、きえが嫁ぎ先で酷い扱いを受けて寝込んでいることを知り、や..... [続きを読む]

受信: 2005/06/27 10:36

« HPビルダー | トップページ | ピラティス »